スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEMの生地について【再度】

昔から見てくれている方は知っているので今更なのですが、、
500D生地の商品を手に取ったお客様が「あれ?これLEMのニセモノなんじゃん?」とか「前見たのと違って安っぽくなったな」というご意見があるってことで再度お知らせアップしますね。
----------------------------------------------------------------------
最近、弾納系以外の生地を500デニールナイロンに切り替えています。

500Dナイロン生地はパッと見、1000デニールナイロンに慣れた目に安っぽく映るのですが、織り糸は細かくしなやかで美しいのですが、何と言うか重厚感や強さを感じないのです。

勿論、1000Dナイロンよりは生地強度が落ちますが、ポリエステル製品等とは比べものにならない耐久性があります。
とにかく、軽くてしなやかなので身体的負担が軽くなります。
といっても500Dが1000Dの半分の重さではありませんので。
テカリが出やすいので、いずれは艶消しプリントを追求していきたいですね。

基本的にメインの生地素材にはナイロン製のものを使用しています。
一部例えば、レッグストラップはポリエステルにゴムを縫い込んだものだったり、一般販売していない特注品には別の素材を使う場合もあります。

明記するのは控えていましたが、LEMでは世界初500Dナイロンの陸自迷彩A-IR(対赤外線)/防炎/防水加工(現在のLEM1000Dナイロン生地も同処理/ロットにより1000D生地商品でもA-IR処理無し商品もあります)仕様になっています。
a1.jpg

a2.jpg


白く飛んでいる所はODのテープになります。

ちなみに迷彩バイアステープもA-IR加工済みです。
ナイロン製で色の載りが難しくちょっと滲み気味ですが、それほど気になるものではないのでご了承ください
a3.jpg

500Dで作製している一部商品に関しては1000Dでの特注も承っております。
逆に1000D商品を500Dで作ることも可能です。
納期は掛かってしまいますが価格は同じです。

また、皆様のご意見やアドバイスもお待ちしております!
スポンサーサイト

エリオペの一部ルール改正のお知らせです

《 2015年度からの一部ルール改正のお知らせ 》

【 ホルスター,マガジンポーチの装着方法の変更について】

今まではパンツのベルトループ3カ所以上にインナーベルト又はアウターベルトを通して、そのベルトにホルスター,マガジンポーチを装着する必要がありました…

今後は容易に外れないロック機能(マジックテープ式は不可)付バックルを装備している丈夫なベルトであれば、ベルトをパンツのベルトループに通す必要はありません。

条件を満たしたベルトにホルスター,マガジンポーチを装着しての使用を可とします。
また、ベルトへ装着するホルスターの位置はストロングサイド腰骨の位置より後ろ側とします。

【 御注意 】
ベルトループを使用しない装着方法で構いませんが、ベルトリグごとのガンの脱落には注意して下さい。
ホルスターに入った状態のガンの脱落にもペナルティが適応されます。



【 競技中のガントラブル,弾やガス&バッテリー切れについて 】

自分の撃ち順になりシューティングレンジ内に入った時点で個人の都合での退出を認めません。
そのステージが終了するか、ステージ棄権する迄はレンジからの退出は出来ません。

ライフル,ハンドガン,マガジン,バッテリー,等を忘れてレンジに入った時点で、競技続行が可能であれば忘れて来たモノ以外でステージを続行するか自己申告でステージ棄権を選択して頂きます。

※ 自分の撃ち順でレンジに入る前には必ず装備確認を行って下さい。


【 御注意 】
アイプロテクション無しでレンジに入った場合はステージポイントはゼロとし即刻退場願います、2回目は失格とさせて頂きます。

4月からの値段変更と500D生地について

消費税増税に伴い4月から値段の変更を致します。
また、円安による原価上昇分も転嫁させて頂きたく、価格の見直しを行います。

写真


最近、弾納系以外の生地を500デニールナイロンに切り替えています。

500Dナイロン生地はパッと見、1000デニールナイロンに慣れた目に安っぽく
映るのですが、織り糸は細かくしなやかで美しいのですが、何と言うか重厚感や
強さを感じないのです。

勿論、1000Dナイロンよりは生地強度が落ちますが、ポリエステル製品等とは
比べものにならない耐久性があります。
とにかく、軽くてしなやかなので身体的負担が軽くなります。
テカリが出やすいので、いずれは艶消しプリントを追求していきたいですね。

今まで明記するのを控えていましたが、世界初の500Dナイロンの陸自迷彩A-IR/
防炎/防水加工(LEM1000Dも同処理/一部商品を除く)仕様である事をご理解頂き
たいです。

ちなみに迷彩バイアステープもA-IR加工済みです。
ナイロン製で色の載りが難しくちょっと滲み気味ですが、それほど気になるもの
ではないのでご了承ください

500Dで作製している一部商品に関しては1000Dでの特注も承っております。
逆に1000D商品を500Dで作ることも可能です。
納期は掛かってしまいますが価格は同じです。

また、皆様のご意見やアドバイスもお待ちしております!

気になるホルス

イチローさんが発表したR226用のホルスも完成次第取り扱い予定です。
r226h.jpg

今回はコンペティションホルスタの話です。

サファリランドのホルスタって日本では以前ほど見かけなくなりましたね。
会社の販売方針が変わって云々、ってのはともかく、、
特にコンペティション系、しかもリボルバ用なんて全然無いってくらいです。
最近は色々なメーカーから競技用ホルスタが出てるからサファリが無くても困らないけど…

マルイハイキャパやWAのSV系なら当社取扱の隼ホルスタがスピードシューティングには一番だと思います。
たった5mm動かすだけでドロウできます。
でも相当慣れないとガンを落っことす危険も‥

他のモデルや実銃用であればダブルアルファのレースマスターホルスタがお勧めです。
何で良いのかは、、割愛させて頂きます。取り寄せ可能なので興味ある方はご連絡ください。

で、今回気になった、というか気に入ったというのはリボルバ用です。
マルイからM66も出る事ですし。

b1.jpg
b​u​k​i​ ​w​o​r​k​s​特​製サ​フ​ァ​リ​ランド0​0​2​+​0​1​4ベルト​ハ​ン​ガ​ー​合体モデル。

​最​近​流​行​の​ト​リ​ガ​ー​ガ​ー​ド​固​定​式ホルスタはオートや実銃リボルバなら問題ありません。
でも​エ​ア​ガ​ンリボだとフレイム​に​か​な​りの​負​担​が掛かります。
ドロウを失敗するとフレイムが捻れたりトリガーガードを割るおそれもあります。

個人的に実銃もエアガンもリボルバは結構撃っているほうですが、本​気​で​スピードシューティングするならシ​リ​ン​ダ​保​持​の​サ​フ​ァ​リ​が​お​勧​め​で​す​!

USビアンキカップではビアンキのヘミスフィア改造モデルでしたが、USスティールやIRC、国内のJSC、アンリミではサファリを使いました。
ヘミスフィアも素晴らしいホルスタなのですが、スピードが必要なマッチではちょっとしたドロウミスで引っかかる事がありました。
まあ、上手ければ問題は無いのですが‥
サファリなら、試合のプレッシャに負けて力任せだろうが捻じろうが、引っかからずに抜けます。
マズルまでカバーもされているので、しゃがんでガンがゴロンって事も普通ありません。
また、必要に応じて熱でバレルやコンプの形状に合わせて変形させ易くて良いのです。

b3.jpg

昔はベルトハンガー部分が独立した0​0​3​や​5​0​0​3​カ​ッ​プ​チ​ャ​レ​ン​ジ​2​ホ​ル​ス​タがありましたが生産中止に。。
また、ベルトを通す部分が劣化して割れる事があるのが気になっていました。

この合体モデルを見た時「おお!わかってるう~コレいいじゃん!!」と感動しました。
buki worksさんが、リボで実銃マッチもエアガンマッチでも相当撃ち込んでいたトップシューターなのであたりまえっちゃあ当たり前なのですが。。
角度や高さの調整範囲も広く、ループ部分はアルミ製でベルトにはネジでしっかりと締めこめるのでガタツキもありません。
身体にくっつきすぎないのでドロウもし易いです。

b2.jpg

見た目も必要以上かもしれませんが、​高​機​能​性​を​求​め​る​な​らコ​レですね​。
で、売り物があるかというと・・・この1個しかないんですよね。ちなみに6インチ用。
多分、3万円くらいです。パーツが手に入らないので今のところ次回予定はありません。

TUFF EPタクティカルベルト

1.75インチ幅が再入荷しました!
この幅広は生産していないのでTUFFプロにあった残り少ない在庫を出してもらいました。
なので、もう揃わないサイズもあります。

現在の1.5インチ幅の特徴は柔らかめ、1.75インチ幅は硬めでしっかり。
かといって1.5インチ幅がヤワなのではなく、裏側のポコポコが効いてリグのガタつきもありません。
優しい着け心地も快適です。
でも、自分もそうですが、1.75インチ幅のカッチリ感が好きな人も多いようですね。

TUFF EPタクティカルベルト
20121016_bfc124.jpg
プロフィール

やむ@L.E.M

Author:やむ@L.E.M

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。